ワイモバイルのシンプルS/M/Lプランを徹底解説。家族割引で月990円〜

MVNO

「ワイモバイルのプランについて詳しく知りたい」と思ってる人も多いかもしれません。

結論から言うと、ワイモバイルには容量別に3つのプランがあります。

この記事では、ワイモバイルのプランについて詳しく解説していきます。

ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

データ容量別に3つのプラン

ワイモバイルには、シンプルS / M / Lという3つのプランがあります。

  • シンプルSは月間データ容量3GBで月額2,178円(税込、以下同)
  • シンプルMは月間データ容量15GBで月額3,278円
  • シンプルLは月間データ容量25GBで月額4,158円

となっています。

データ容量(ギガ)をあまり使わない人なら、標準的なシンプルSで十分だと言えます。

家族割引で2回線目以降は−1,188円

ワイモバイルのプランの特長は、家族割引があることです。

家族割引によって2回線目以降は−1,188円となります。

たとえば、シンプルSなら月額990円で3GBを利用可能。

割引前の料金は一般的なMVNOと比べると割高ですが、家族割引を利用することでお得になります。

データ増量オプションが1年間無料

ワイモバイルのシンプルS / M / Lでは「データ増量オプション」に加入することで、月間データ容量を増量できます。

データ増量オプションは550円月ですが、1年間は無料で利用可能です

データ増量オプションに加入すると、

  • シンプルSは月間3GBが2GB増量で月間5GBに
  • シンプルMは月間15GBが5GB増量で月間20GBに
  • シンプルLは月間25GBが5GB増量で月間30GBに

なります。

参考>> ワイモバイルのデータ増量オプション1年間無料キャンペーン

余ったデータ容量は翌月まで繰り越し

使いきれずに余ったデータ容量は翌月まで繰り越すことが可能です。

データ容量超過後の通信速度

プランのデータ容量を使い切った後の通信速度は、シンプルSの場合、最大300kbpsに制限されます。

一方、シンプルM / Lでは制限速度が最大1Mbpsとなっていて、制限後でもある程度の速度が出るのが特徴です。

通話料は22円/30秒

ワイモバイルの通話料は22円/30秒となっています。

かけ放題の通話定額オプションも

また、かけ放題の通話定額オプションもあります。

10分かけ放題の「だれとでも定額」は月額770円。

完全かけ放題の「スーパーだれとでも定額(S)」は、月額1,870円となっています。

参考>> ワイモバイルのかけ放題について解説

留守番電話が標準で付属

ワイモバイルのシンプルS / M / Lでは、オプションを付けずに標準で留守番電話サービスを利用できます。

まとめ

ワイモバイルのシンプルS / M / Lプランについて見てきました。

ワイモバイルは家族割引があり、家族で使いやすいのが特長です。

また、留守番電話サービスが標準で付属しているのも、他のMVNOと比べたときのメリットとなります。

Androidスマホも格安で購入できるので、iPhoneからの乗り換えにも最適です。

参考>> ワイモバイルのオススメAndroidスマホ5選

コメント

タイトルとURLをコピーしました