iPhone版Chromeは“本物”じゃない。iPhoneの不自由さを考える

black google smartphone on box ハウツー
Photo by Deepanker Verma on Pexels.com

「パソコンでもiPhoneでもWebブラウザはGoogle Chromeを使っている。速くて便利だよね」と言ってる人もいるかもしれません。

しかし、iPhone版Chromeは“本物”のChromeではありません。

この記事では、iPhone版Chromeが“本物”のChromeではないことを解説していきます。

ぜひ最後まで読んで参考にして下さい。

iPhone版Chromeはレンダリングエンジンが違う

レンダリングエンジンとは、Webブラウザ内部でWebページを描画するエンジンのこと。

パソコンやAndroidでのChromeのレンダリングエンジンは「Blink」です。

しかし、iPhone版Chromeではレンダリングエンジンが「WebKit」となっています。

WebKitは、Appleが中心となって開発しているレンダリングエンジン。

Safariのレンダリングエンジンとしても、WebKitが使われています。

iPhone版ChromeがWebKitを採用している理由

iPhone版ChromeがWebKitを採用している理由は、iPhoneのアプリストアであるAppStoreでは、WebKitを採用するWebブラウザしか認められていないからです。

Chromeに次いで人気のWebブラウザにFirefoxがありますが、Firefoxのレンダリングエンジンは「Gecko」

しかし、iPhone版Firefoxでは、Chromeと同様にWebKitを採用しています。

Androidにはそのような制限はない

Androidにはそのような制限はありません。

Android版のChromeはBlinkをレンダリングエンジンとして採用していますし、FirefoxはGeckoを採用しています。

Androidでは、レンダリングエンジンを限定するような制限を行ってはいません。

まとめ

iPhone版ChromeのレンダリングエンジンがWebKitであるように、iPhone(Apple)はアプリに不要な制限をかけています。

それはユーザーのためではなく、管理のしやすさというApple側の都合によるものです。

不自由なiPhoneから抜け出して、自由なAndroidに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

参考>> iPhoneからAndroidに乗り換える際にオススメのMVNO・キャリア

コメント

タイトルとURLをコピーしました