Androidがセキュリティで危険と言われる理由と、iPhoneにはない自由さ

selective focus photography of person holding turned on smartphone ハウツー
Photo by Lisa Fotios on Pexels.com

「AndroidはiPhoneよりも危険と聞いたけれど、ウイルスとかは大丈夫なの?」と心配している人もいるかもしれません。

結論から言えば、Google Playストア以外からアプリをインストールしなければ、安全性はiPhoneと大差ありません。

この記事では、Androidが危険と言われる理由について解説していきます。

ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

Androidが危険と言われる理由

Androidが危険と言われるのは、「Google Playストア」以外からもアプリをインストールできるからです。

たとえば、「Amazonアプリストア」をインストールすれば、そこから様々なアプリをインストールできます。

Google Playストア以外からもアプリをインストールできるから、ウイルスを混在したアプリをインストールしてしまう危険性があると言われています。

信頼できるアプリストア利用すれば危険性は少ない

しかし、信頼できるアプリストアを利用していれば危険性は少ないと言えます。

たとえば、Google Playストアでも、iPhoneのApp Storeと同様に人手によるアプリ審査が行われています。

よくわからないアプリストアを使ったり、いわゆる野良のアプリをインストールしなければ、危険性は少ないです。

なお、Google Playストア以外からアプリをインストールしようとすると、警告が出る仕組みになっています。

iPhoneのアプリストアはAppleの独占

一方、iPhoneはApp Store以外からはアプリをインストールすることができません。

あなたがどんなアプリを使っているのかを、全てアップルに把握されていることになります。

それはむしろ危険なことであるかもしれません。

Androidの場合、何もかもをGoogleに管理されるのが嫌であれば、Google Playストア以外のアプリストアを利用することができます。

Googleにこだわらずにアプリをインストールできるのが、Androidのメリットと言えます。

まとめ

Androidが危険と言われる理由を見てきました。

基本的には、Google Playストア以外からアプリをインストールしなければ、安全性はiPhoneと大差ありません。

一方で、Google以外のアプリストアを自由に利用できるのがAndroidのメリットでもあります。

不自由なiPhoneから逃れて、自由でリーズナブルなAndroidに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

参考>> iPhoneからAndroidに乗り換える際にオススメのMVNO・キャリア

コメント

タイトルとURLをコピーしました