iPhoneよりAndroidのキーボードが優れている3つの理由

alphabets close up computer connection アプリ
Photo by Pixabay on Pexels.com

「iPhoneとAndroidではどちらのキーボードが使いやすいの?」という疑問を持っている人もいるかもしれません。

結論から言うと、Androidのキーボードアプリである「Gboard」が、iPhoneの標準キーボードより3つの理由で優れています。

この記事では、iPhoneとAndroidのキーボードの違いについて解説していきます。

文字入力のしやすいAndroidに乗り換えるチャンスを逃さないように、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

iPhoneよりAndroidのキーボードが優れている理由

この記事の概要をまとめると次の通りです

  • AndroidのGboardは変換精度に優れている
  • AndroidのGboardはカーソル移動ができる
  • AndroidのGboardは日本語と英語でキー配列を変えられる

以下で詳しく見ていきましょう。

AndroidのGboardは変換精度に優れている

Androidの「Gboard」は、Google製のキーボードアプリ。変換精度に優れているのが特徴です。

「ふいんき」と入力してして「雰囲気」と入力できるなど、よくある誤入力にも対応。

また、郵便番号を入力して、地名に変換することもできます。

AndroidのGboardはカーソル移動ができる

Gboardでは、キーボードの左右にある三角ボタンで、カーソルを左右に移動することが可能です。

テキストの途中の部分を修正したい時などに便利。

また、テキスト編集モードに切り替えれば、カーソルを上下左右に動かすこともできます。

iPhoneのキーボードでは、キーボードからはカーソルの移動はできず、テキストをタッチしてカーソルを動かすしかできません。

AndroidのGboardは日本語と英語でキー配列を変えられる

Gboardでは、日本語はテンキー、英語はQWERTYというように、日本語と英語でキー配列を変えることが可能です。

iPhoneのキーボードで不便なのは、日本語をテンキーにすると英語もテンキーになってしまうこと。

キー配列を自由に選べるのがAndroidのGboardのメリットです。

Androidはさまざまな入力方式を自由に選べる

Gboardでは、テンキー、QWERTYのほかにも、手書き、Godan、50音順など入力方式を選ぶことが可能です。

そして、認識精度の高いGoogle音声入力を使えるのもGboardのメリットだと言えるでしょう。

参考>> AndroidのGoogle音声入力がiPhoneよりも優れている理由

さらに、AndroidではGboardのほかにも、様々なキーボードアプリを制限なく使うことができます。

iPhoneでもサードパーティ製のキーボードを使えますが、一部制限があります。

まとめ

AndroidのGboardがiPhoneの標準キーボードより優れている点を見てきました。

文字入力のしやすさで選ぶならAndroidです。

高額なのに文字入力が不便なiPhoneから逃れて、安価で文字入力もしやすいAndroidに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

参考>> iPhoneからAndroidに乗り換える際にオススメのMVNO・キャリア

コメント

タイトルとURLをコピーしました