絶望のiPad無印7万円。タブレットもAndroidの時代へ

woman holding silver ipad ハウツー
Photo by Nubia Navarro (nubikini) on Pexels.com

Appleが新型iPadを発表しました。価格は最安モデルで68,800円〜。

前機種より4割値上げになったことで様々な声が上がっています。

この記事では、タブレットを買う際に最早iPadにこだわる必要がないこと、タブレットでもAndroidという選択肢が有力なことを解説していきます。

ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

新型iPad無印は約7万円〜で高すぎる

新型iPadである第10世代の「iPad」(無印)は、最安の64GBモデルで68,800円(税込、以下同)。

ほぼ7万円となっています。

前機種である第9世代のiPad無印は49,800円なので、約4割の値上げとなりました。

円安も相まってiPadは割高になり、もはやコスパの良いタブレットではなくなっています。

エンタメを見る用途ならAndroidで十分

タブレットの使い道としては、大画面で動画を楽しむことが一番です。

具体的には、NetflixやAmazonプライムビデオ、YouTubeなどの視聴が主な用途。

それであればAndroidタブレットでも十分です。

コスパの良いAndroidタブレットは?

コスパの良いAndroidタブレットとしては、以下のようなものがあります。

OPPO Pad Air

「OPPO Pad Air」は、スマホメーカーで知られるOPPOのタブレット第1弾。

約10.3インチの2Kディスプレイを搭載したタブレットで、メモリは4GB、ストレージは64GB。

実売価格は35,000円前後。

Xiaomi Redmi Pad

OPPOと同じく中国メーカーであるXiaomi(シャオミ)の格安タブレットが「Redmi Pad」です。
10.61インチの2Kディスプレイを搭載。メモリとストレージは、3GB+64GBまたは4GB+128GB。

価格は39,800円〜。

Fire HD 10 Plus

「Fire HD 10 Plus」は、Amazonの10.1インチのタブレットです。

Google Playストアは搭載していませんが、AmazonアプリストアからAndroidアプリをインストールできます。

メモリは4GB、ストレージは32GBまたは64GB。

価格は18,980円〜。

Lenovo IdeaPad Duet Chromebook

「Lenovo IdeaPad Duet Chromebook」は、2 in 1のChromebookです。

ChromebookはChromeOSを搭載していますが、Google PlayストアからAndroidアプリをインストールできます。

キーボード付きのタブレットを使いたい人にオススメです。

メモリは4GB、ストレージは128GB。実売価格は36,000円前後。

まとめ

タブレット購入する際に、最早iPadにこだわる必要がない理由について見てきました。

エンタメを楽しむ用途のタブレットなら、コスパの良いAndroidタブレットで十分です。

スマホもタブレットもAppleから逃れて、リーズナブルで快適なAndroidに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

参考>> iPhoneからAndroidに乗り換える際にオススメのMVNO・キャリア

コメント

タイトルとURLをコピーしました