メーカー間競争のあるAndroidがiPhoneよりも優れている理由

silver samsung smartphone ハウツー
Photo by MOHI SYED on Pexels.com

「Androidはメーカーがいくつもあって分かりにくいけれど、何かメリットはあるの?」という疑問を持ってる人もいるかもしれません。

結論から言うと、複数のメーカーがあることで品質や価格に競争が生まれ、良い作用をもたらしています。

この記事では、Androidのメーカーが複数あることによるメリットを解説していきます。

一社独占で競争のないiPhoneから抜け出すチャンスを逃さないように、ぜひ最後まで読んで参考にしてください

メーカー間競争のあるAndroidがiPhoneよりも優れている理由

この記事の概要をまとめると次の通りです。

  • Androidは複数のメーカーがあるから競争がある
  • ダメなメーカーは消えていく
  • iPhoneは競争がないから高止まり

以下で詳しく見ていきましょう。

Androidは複数のメーカーがあるから競争がある

Androidのスマホは複数のメーカーによって作られています。

代表的なメーカーでは、サムスン、ソニー、シャープ、OPPO、Xiaomiなどがあります。

また、Android OSの生みの親であるGoogle自体も、Pixelというスマートフォンを作っています。

Androidには複数のメーカーがあるからこそ、メーカー間の競争があり、良いものをより安くしようと各社が努力しています。

ラインナップも豊富で、10万円以上のハイエンド端末もありますが、数千円から買える格安の端末もあります。

いろんなメーカーからさまざまな端末を選べることがAndroidのメリットです。

ダメなメーカーは消えていく

Androidでは、不具合のある端末を出したり、ユーザーのニーズを汲めなかったメーカーは、消えていく運命にあります

たとえば、日本メーカーでも東芝や富士通などはすでにAndroidスマホから撤退しています(Arrowsブランドは存続していますが、富士通本体は撤退)。

数年前から日本市場に参入したOPPOやXiaomiなどの新規参入メーカーもあり、メーカーの新陳代謝も働いています。

長期的に見れば、良いメーカーだけが残っていくようになっているのがAndroidのエコシステムです。

iPhoneは競争がないから高止まり

一方で、iPhoneを作っているのはApple一社のみです。

iPhoneは、機能面ではAndroidとの競争がありますが、価格面では一社独占のため競争がありません。

たとえば、廉価版のiPhone SEでも6万円以上となっていて、Androidのように2、3万円で買える手頃なiPhoneは出てきません。

価格面での競争がないのがiPhoneのデメリットです。

参考>> 廉価版のiPhone SEを買うくらいなら、Androidを選んだほうが良い

まとめ

Androidには複数のメーカーがありますが、それが品質や価格での競争につながっています。

一方で、Apple一社独占のiPhoneには価格面での競争がありません。

独善的で高額なiPhoneから逃れて、Androidに乗り換えるチャンスを逃さないようにしてください。

参考>> iPhoneからAndroidに乗り換える際にオススメのMVNO・キャリア

コメント

タイトルとURLをコピーしました